スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z会について

最近、Z会についての質問が多くなってきているので、ここでZ会の利用ついて、個人的な意見を書いておきたいと思います。

ちなみに僕は、5教科すべてとっていました。


なんといっても、Z会のいいところは他人の添削が受けられるということです。

記述・論述の力は自分だけでは絶対に身につきませんから、受験校に合わせたレベルの問題を解き、その添削を受けられるというのはかなりのメリットがあります。

ただ、問題点もあります。

例えば、添削が返却されるまでの期間が長いということです。
模試に比べれば短いですが、それでも2週間はかかります。
しかも、提出期限に間に合うようにすると解答がすぐに見られず、模試と違って当日の復習ができないということもあります。

また、数学などで全然解答できない問題などは、添削を受ける意味が全くない、ということです。
なにせ直しようがないですからね。

さらに、基礎力がない状態で問題をやっても時間がかかるばかりで、あまり効果的ではありません。


以上のことを考えると、Z会を効果的に利用するには教科を絞り、受講開始のタイミングを考えることが重要だと思います。

国語に関していえば、3月から受講することをお勧めします。
やはり現代文がありますから、早めに添削を受けて解答のコツをじっくり養成していく方が効果的だと思います。

その他の教科に関しては、特にとる必要がないというか、個人の判断で選べばいいのではないでしょうか。
なぜなら、基本が授業で固まってしまうものが多いからです。
地歴などは特に、基本知識が身についていなければ問題も解けないので、Z会の添削をやるよりは教科書や基本的な参考書使って覚えていく方がいいです。

ですから、3月からは国語のみで、9月から受験教科に合わせて追加する、というのが僕個人的にはベストなやり方なのではないかと思っています。


それから、添削問題は解いたら解答が着き次第すぐに復習し、解答が添削されて返ってきたらもう一度確認する、というスタンスでやるべきだと思います。
模試にしてもそうですが、問題は解いてすぐに復習してこそ意味があるので復習はできる限り早めに済ませてしまいましょう。


ちなみに、1教科でも受講していれば他の教科の問題・解答も解答冊子に全て載っているので、それを利用すれば添削を受講していなくても自分で勉強できます。


Z会の教材は質が高いですが、自分の状況に合わせて利用しないとかえって邪魔になります。
実際、僕は1学期の間はZ会の消化にかなり悩みました。


Z会に関してはこんなところです。
質問やわかりにくい点などがありましたら、またコメントしてください。


人気blogランキング
東大受験生ブログランキング
↑ブログランキングへご協力お願いします!

スポンサーサイト

1年の流れ

4月から受験直前までの大まかな流れを書きたいと思います。

大体の目安としては、

4~8月・・・基本固め
9~11月・・・志望大学の傾向に沿った演習
12~1月・・・センター直前期
1月後半~3月前半・・・2次直前期

といったところです。

基本固めの時期は8月までなのですが、教科ごとのウェイトが異なります。
4~7月には主要3教科、8月からは理科社会に重点を置くのです。

4~7月に主要教科に重点を置くのは、英数国に関しては1年かけてじっくりと実力をつけなければいけないということや、9月からの問題演習にスムーズに移行するため、などの理由があります。

8月、というか夏休みには、授業がなく、独学でやらなければならないことから、英数国のようななかなか成績が上がらない教科よりも、やればやるだけの成果が早いうちに出る理科社会科目をやります。

そしてそれまでに培った力で、志望大学の傾向に沿った問題演習を9~11月の間に行います。
このとき注意することは、2次対策だけでなくセンター用の勉強も多少はやっておく、ということです。
文系の場合、現代社会の知識が他の科目にかなり重なってくるので、勉強しなければなりません。

ここで、12月についてですが、学校でセンター対策をやる人は特に自分でセンター試験の演習をする必要はないと思います。
そういう場合は、2次対策や2次で使わないがセンターで使用する科目を中心に勉強するといいでしょう。
僕の経験からいうと、英語・世界史についてはセンター対策はほどほどでいいです。
英語は結局読めればできるし、世界史は2次にもセンターにも通用するような、教科書をまとめる勉強などをするといいと思います。

1月のセンター直前期には、出来る限り毎日すべての教科に触れるようにしましよう。
得意な教科を放置して苦手教科ばかり勉強すると、本番に得意教科で失敗します。

1月2月は前期試験直前期。
前半を主に今までの勉強の復習にまわし、後半で赤本などを使った本番演習をするといいのではないでしょうか。
過去問をやるときには、ちゃんと時間を計って行いましょう。


一応、簡単な1年の流れはこんな感じです。
教科ごとの流れについては後々書こうと思いますが、早く知りたいという人はコメントしてください。


人気blogランキング
東大受験生ブログランキング
↑ブログランキングへご協力お願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。