スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実戦トレーニング古文単語600

古文単語

今回はリクエストに応えて古文単語帳の紹介です。

僕が受験期間中使用していたのはこの実戦トレーニング古文単語600です。

古文単語は300~400語の単語帳が多いですが、それだとどうしても欠けてしまう単語が多い、というのも事実です。
でも、600語あれば大体の単語はカバーすることができます。

構成としては、品詞ごとに分けられていて、見開き1ページの右側には単語、左側には実際の入試で出題された用例が、穴埋め形式で掲載されています。

ちなみに、重要単語だけでなく、古文常識重要語なども載っています。

もちろん、全ての単語が網羅できるわけがないのですが、これをつかっておけば安心だと思います。


人気blogランキング
東大受験生ブログランキング
↑ブログランキングへご協力お願いします!

スポンサーサイト

漢文ヤマのヤマ

漢文ヤマのヤマ

漢文の基本を徹底的につぶしたい人は、この漢文ヤマのヤマがオススメです。

漢文の基本は何か、といえばそれは「句法」です。例えば、使役形とか、受身とかですね。
この句法が身についていないと、漢文において重要な文を読み取ることが出来ません。
模試や入試では白文に訓点をつけたり、白文を解釈させられたりするので、句法がしっかりと定着していない場合、ほぼ解けないのではないかと思います。

漢文ヤマのヤマでは句法を60項に絞って収録しており、これを完璧にすれば句法については大丈夫です。そこから先は演習などで語法・読解を丁寧に確認していけば、漢文はかなり読めるようになります。

理想的には1学期中にこれを2周。
そうすれば演習にスムーズに入っていけると思います。


人気blogランキング
東大受験生ブログランキング
↑ブログランキングへご協力お願いします!

マドンナ古文

マドンナ古文

古文の定番、マドンナ古文です。
僕は高2の春休みにこれを徹底的にやって、古文を読めるようにしました。

この参考書は古文が読めない初心者向けのものです。
文法の基本事項と古文の読み方が収録されています。

基本的には、この本を2周しておけば大体の古文が大雑把には読めるようになります。
細部の読解には単語力と古文常識が必要になりますが、基本的なことはマドンナ古文に載っているので、まずはこれに書いてある基本事項を徹底的に覚え、訓練することです。
単語力・古文常識は1年かけて取り組むものなので、とにかくこの本では読み方・基礎文法を覚えてしまうことです。
まだイマイチ古文が読めないという人は、必ずやるといいと思います。

単語集などは別途紹介します。


人気blogランキング
東大受験生ブログランキング
↑ブログランキングへご協力お願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。