スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年の流れ

4月から受験直前までの大まかな流れを書きたいと思います。

大体の目安としては、

4~8月・・・基本固め
9~11月・・・志望大学の傾向に沿った演習
12~1月・・・センター直前期
1月後半~3月前半・・・2次直前期

といったところです。

基本固めの時期は8月までなのですが、教科ごとのウェイトが異なります。
4~7月には主要3教科、8月からは理科社会に重点を置くのです。

4~7月に主要教科に重点を置くのは、英数国に関しては1年かけてじっくりと実力をつけなければいけないということや、9月からの問題演習にスムーズに移行するため、などの理由があります。

8月、というか夏休みには、授業がなく、独学でやらなければならないことから、英数国のようななかなか成績が上がらない教科よりも、やればやるだけの成果が早いうちに出る理科社会科目をやります。

そしてそれまでに培った力で、志望大学の傾向に沿った問題演習を9~11月の間に行います。
このとき注意することは、2次対策だけでなくセンター用の勉強も多少はやっておく、ということです。
文系の場合、現代社会の知識が他の科目にかなり重なってくるので、勉強しなければなりません。

ここで、12月についてですが、学校でセンター対策をやる人は特に自分でセンター試験の演習をする必要はないと思います。
そういう場合は、2次対策や2次で使わないがセンターで使用する科目を中心に勉強するといいでしょう。
僕の経験からいうと、英語・世界史についてはセンター対策はほどほどでいいです。
英語は結局読めればできるし、世界史は2次にもセンターにも通用するような、教科書をまとめる勉強などをするといいと思います。

1月のセンター直前期には、出来る限り毎日すべての教科に触れるようにしましよう。
得意な教科を放置して苦手教科ばかり勉強すると、本番に得意教科で失敗します。

1月2月は前期試験直前期。
前半を主に今までの勉強の復習にまわし、後半で赤本などを使った本番演習をするといいのではないでしょうか。
過去問をやるときには、ちゃんと時間を計って行いましょう。


一応、簡単な1年の流れはこんな感じです。
教科ごとの流れについては後々書こうと思いますが、早く知りたいという人はコメントしてください。


人気blogランキング
東大受験生ブログランキング
↑ブログランキングへご協力お願いします!

スポンサーサイト

コメント

毎回楽しく拝見してます(^ω^)


僕は文系で新二年です。
それで毎日、主要三科目中心に勉強してますが…
今後、
三科目の割合を
どれくらいに勉強していけば
良いでしょうか?



また
オススメの古文単語帳
教えてください。


長文すみませんでした。

Re: ぷいぷいさん

コメントありがとうございます!

新2年生ということはまだ受験生ではないんですね。
2年生の間は、主要3教科はもちろんですが、偏った勉強をしないことが大切です。
なぜなら、偏った勉強をすると大学の選択の幅が狭まったり、受験期にぶり返しがくるからです。

僕は2年生まで英語をろくに勉強せず、文系なのに数学・理科ばかり勉強していました。
おかげで理科のセンターは大丈夫など、いいこともあったのですが、それよりも3年生の2学期の勉強時間の割当てが大変でした。
社会も英語もだいぶ遅れをとっていたので、この2教科に時間を当てるあまり、数学国語をほとんど勉強できなかったのです。

結局、2次試験本番でも英語・世界史で実力足らずで失敗してしまいました。

ですから、2年生の時点においては、主要教科に重点を置きつつも、どれも同じくらいの勉強をするといいと思います。
もちろん、極端に苦手な教科は3年生になるまでに基本的な部分を克服しておくのが理想的です。
理科社会十分に勉強したいところですが、2年生では部活などに精を出した方が絶対にいいので、定期テスト勉強をしっかりやるようにすれば大丈夫です。

授業を十分に利用して、3年になったときにスムーズに受験体制に入れるような基礎力を養成するように心がけましょう。

質問があれば、またコメントしてください!


p.s.
古文単語帳、すぐに紹介します!!

地理の勉強はどんなふうにやってましたか?
オススメの参考書とかがあれば教えてください

あと得点開示をしてみて東大の採点は厳しかったでしょうか、甘かったでしょうか?
教科によって違うと思いますが…
教えてくださいm(_ _)m

Re: ゆうたさん

> 地理の勉強はどんなふうにやってましたか?
> オススメの参考書とかがあれば教えてください

オススメの参考書としては、過去記事で紹介していますが、『山岡の地理B教室』があります。
僕もこの参考書を使っていたのですが、講義形式の解説と暗記用のテキストが別々になっていて、とてもいいと思います。

まずは講義を十分に読んで地理的な考え方をじっくりと身に付けます。
その後、Z会の『実力をつける地理100題』や東大模試の過去問で演習、知識を身に付け、直前期は赤本をやる、という感じで大丈夫です。
僕はかなり本番で心配していましたが、失敗が結構あったと思うのに40点とれていました。


> あと得点開示をしてみて東大の採点は厳しかったでしょうか、甘かったでしょうか?

国語・英語はなんとも言えませんが、数学や社会はかなり甘いような気がします。
数学は計算ミスをしてもだいぶ点数をくれていそうです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。