スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャート式(黄)

チャート式(黄)

いわずと知れた、数研出版のチャート式シリーズです。

数学の基本は、このような基本的な問題を体系的に網羅した問題集を1冊、まずは仕上げておくことです。
これができていないと、応用問題を解く材料がそろわないからです。

もし、2年の間にこのような問題集を終わらせていないのなら、夏休みまでには出来る限りやってしまうことが必要です。でないと、授業が演習になったときに全くできません。

ただ、特に難関大学ではない大学を狙っている場合、この問題集を完璧にするくらいで入試問題はできるようになります。
難関大学志望者は、これらの材料を入試問題において引き出す力を身につけるのです。

ということで、どこの大学を狙うにしろ、数学受験者は必須の問題集です。
ほかに、ニューアクションシリーズや本質の解法シリーズなどでもいいと思います。


人気blogランキング
東大受験生ブログランキング
↑ブログランキングへご協力お願いします!

スポンサーサイト

コメント

東大のリスニングは聞きづらいって聞いたんですけど、どうでしたか?
またリスニングは満点近く狙えますか?

Re: ゆうたさん

> 東大のリスニングは聞きづらいって聞いたんですけど、どうでしたか?
> またリスニングは満点近く狙えますか?

今年は聴きづらかったです。
僕の実力不足ということもあるのでしょうが、8割以上狙いにいって、なかなか聞き取れなくて出来が良くなかったです。

東大のリスニングは、読むスピードがそんなに早くなく、英文自体もそんなに難しいということはないので、鍛錬を積めば満点が狙えます。
実際、合格者はリスニングの出来が良いそうです。

今度また、いろいろ紹介したいと思いますが、すぐに知りたいようなら、灘高のキムタツ先生のブログなんかを見てくれるといいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。