スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岡の地理B教室

山岡part1山岡part2

地理の基本ともいえる知識や、地理的な考察を講義形式で解説している参考書です。
内容は、詳しすぎずに高校地理で必要な事項をほとんど網羅しています。
この本を完璧にした後に、資料を覚えたり問題演習をすれば、かなりハイレベルな地理の力が付きます。
僕もこの参考書をずっと使い、東大の2次試験では40点(60点中)という、合格レベルの点数を取ることができました。

PART1とPART2にわかれているのですが、PART1では地形や気候、人種・人口・国際機関など、(おそらく)地理A的な内容が収録されています。
PART2は、農業・工業・環境問題・人間生活などが収録されています。

この種類の参考書のいいところは、「地理的思考力」を重視している点です。
社会は暗記などと言われることも多々ありますが、暗記はあとからついてくるもので、重要なのは物事の因果関係をいかに理解・考察できるか、ということなのです。

このような講義形式の参考書を読み込んでおくことで、そのような地理的思考力を身に付けることが出来ます。

地理受講者には必須と言っていいほどの参考書です。


人気blogランキング
東大受験生ブログランキング
↑ブログランキングへご協力お願いします!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。